メインビジュアル

液体のような感情を、
歌というコップ、言葉というコップですくいとる。

5年ぶりにやる曲でも、歌詞カードを見なくても、
吉岡が歌い出すと出てくる。

“書いたこと”によって
立ち上がってくるものが
“書いていないこと”である。

共感や応援を得るために、
他者を意識して自己像や作品像を作るひとが多くなった。

始まってみれば、幸せな時間というか

吉岡聖恵が歌える言葉と、
吉岡聖恵が歌えない言葉があるのです。

きくち先生は最後までブレなかったですね。
そして今もブレていない。

どちらともつかないものにこそ
僕らの“ほんとう”があるはず。

責任は、人を遠くまで歩かせる力がある。