メインビジュアル

シウマイ弁当で言うと、繋ぎ役の筍が好きなんです。

最後の「地球」は22年越しの手紙みたいでしたね。

僕、すべてが“未完成”で終わっちゃいそうだなと思って。

異なる「あなた、だれ」と僕は生きている。

「誰かの人生」に熱狂する未来も素敵だけれど、
「自分の人生」を祝福できる未来もとても素敵なはず。

愛されることは、
なかなか手にすることができない才能だ。

「この広場ではおもしろいことが起こるんだと
思わせることができるかどうか」

なんとかなるものはなんとかなる。
なんとかならないものはなんとかならない。

阿久悠の作品群はなぜ
「エバーグリーン」と呼ばれないのか。