2019.4.24
TALK

水野良樹×高橋久美子 Part 3
「これは絶対いいぞ!」って思えるものに出会えるまで、書くね

Prologue from Yoshiki Mizuno

いきものがかりのメンバーとして歌詞を書くこと。
他者への楽曲提供で、グループから離れて
ひとりのソングライターとして歌詞を書くこと。
そのふたつの違いについて考えたときに、
話を聞いてみたいと思ったのが、高橋久美子さんでした。

同世代の作詞家としてチャットモンチー在籍時から交流があった高橋さんとは、
2018年に大原櫻子さんのアルバム収録曲「夏のおいしいところだけ」で
一緒に曲をつくらせてもらいました。
そのときに感じた、彼女にしか書けない言葉の数々。

他者に届けること、
そして自分の書いた言葉と自分自身の距離について、
このHIROBAで、彼女と会話をしてみました。

Part 3 「これは絶対いいぞ!」って思えるものに出会えるまで、書くね

高橋意外と軽い感じで書いたものが、すごく届いたりすることもあるでしょ。

水野そうなんだよね。「ありがとう」はまさにそうだから。

高橋ああ!聴いた人たちが、ものすごく頭で考えて分かっていくというタイプの歌ではなくて、スーッと入っていく歌やもんね。

水野自分でも「何も書いてないじゃん、これ」みたいに思って(笑)。今だから言えるけど、つくったときは平たい感じに見えたんだよね。なんにもないな、この歌って。なんにもない歌を俺はつくってしまったって、すごい自信がなくて。それが幸運にも届いて。

高橋幸運なことは、いいことよ。

水野俺の場合は思ってもいないかたちで、それがいい経験になったんだよ。「ああ、何もないからこそ、聴く人がそこに感情を乗せるのか!」ってことに気がついたんだよね。

高橋そうか!なるほどね。余白をいっぱい置いているんだね。

水野うん。そうそう。

高橋あの曲は確かにそう!自分の風景が全部浮かぶね。

水野そういうことだったみたい。それを経験して知ることができて。その気づき自体はとても良いことだったんだけれど、そこから「余白の方がいいんじゃないか」と考えて…たぶん、またズッコケちゃったんだよね。

高橋ズッコケちゃった?

水野本当はもっと書かなきゃいけないのに、書かない方がいいんじゃないかっていうね。バランスが大事なんだけれど、極端にやってしまうのね。

高橋ああ。

水野自分を前面に出したりとか、自分の熱いものをそこにプリントしない方がよい。構造だけというか、外枠の骨組みの部分だけを提供するほうがいいんじゃないか。そんなふうに思って、どんどん迷っていくという。

高橋うーん。

水野その迷いに入ったときに、自分自身の感情を歌のなかに書いている人だったり、久美子ちゃんのようなエッセイとか文章みたいな自分とは違うジャンルの言葉を書いている人だったり。俺とは逆で、自分という存在から言葉を紡いでいる人が、どんな考えで言葉を書いているのかを聞いてみたいなと。

高橋ああ。

水野そういうことに、今すごく興味があって。

高橋いま水野君が構造って言ってたじゃない。作詞にもきっと構造みたいなものはあって、その感じにハマりすぎるとだんだんマシーンみたいになってくるというか。

水野そうだよね。

高橋そうなったときに、だんだん詞が書けなくなった時期はあったかな。

水野ああ、ちょっと技術に寄るというか。

高橋そう、技術に寄った時期はちょっとあったね。でも、そうではなくて。いい歌詞というのはあとから決まるもので、グチャグチャなものだっていっぱいあるでしょ。

水野はいはい。

高橋けっこうバンドの方たちが書いているものってグチャグチャだけど、真心がこもっているから、それで「楽しい!」ってなるし。

水野うん、よく分かる。

高橋だから、それでいいんだって。そういう作詞家になってもいいんだって、私は思ってる。

水野そうなんだ。

高橋だから、「これは絶対いいぞ!」って思えるものに出会えるまで、書くね。

水野書くんだ。

高橋だから、前川(清)さんの歌詞も2つ書いちゃったのね(笑)。

※現在、水野と高橋は、それぞれ作曲家、作詞家としてタッグを組み前川清さんの楽曲を制作している。

水野ははは(笑)。2つともよかった!

高橋ありがとう!

水野今回は詞先でね。久美子ちゃんに歌詞を先に書いてもらって、それがびっくりしたんだけれど2篇もくれて。2つともよかったのに…。

高橋修羅シュシュシュ(笑)。

水野そう、修羅シュシュシュという、すごいワードが出てくるやつ。ひとつしか選べず…。本当だったら2曲つくったらよかったんだけど。

高橋いやいや。水野くんだからこそ、あっちを選んだっていうのはあったよね。「水野くんなら分かってくれるかも!」思って。

水野もうひとつもすごくよくて。まず最初にそれを見て「いい意味で、うまいな!」って思って。

高橋うわぁ、ありがとう。

水野作品として完璧だなって思って。でも、コメントが添えられていて「もし、よかったら、こっちもできちゃったから送るけど…」みたいな。そのコメントを読んだ瞬間に「あ、たぶんこっちなんだな」って。

高橋そうなの!よく分かってる!

水野俺たちみたいな人間がそう言うときって、本当はそっちに熱があって。

高橋そうなんよ!

水野絶対そうだよね(笑)

高橋歌詞を旦那さんに見せたときに「これはヤバいでしょ!前川さんに修羅シュシュシュ言わせたらまずいでしょ!」って(笑)。

水野ははは(笑)。

高橋でも「どうしても水野くんに送ってみたい!」って言って。分かってくれて本当にうれしい。ありがとう。

水野いや、素晴らしいなと思って。その怖がる感じもすごく分かって。

高橋うん。

水野「これを出していいんだろうか」とか、「(前川さんが)怒ってしまわれるんじゃないだろうか」とか。

高橋そうそう。

水野「これは、一緒に戦わなきゃ!」って思ったんだよね(笑)。俺も面白いと思ったし。理屈じゃなくてね。怒られるのどうのこうのより、いいものはこっちだからって。

高橋そうなのよ。

水野プラスの量が修羅シュシュシュの方が飛び出ているというか。

高橋でも、マイナスの量も多くて。

水野あはは。そうかな?

高橋伸るか反るかの幅が大きいというか。でも、その幅が大きい方が面白いと、いつも思っちゃうんよね。

水野それは絶対そうだよ。

高橋それをやめてしまったら、私が書く意味がなくなっていくというか。

水野ああ、なるほどね。

高橋他の人でも書けるものになっていくから。

水野2年前かな、作詞家の阿久悠さんを追う企画があって。そのとき秋元康さんに初めてお会いしたんだけど。

高橋うん。

水野「ヒット曲には勇気が必要だ」って。そうおっしゃっていて。

高橋ああ、素晴らしい!

水野秋元さんのその言葉が今、パッと浮かんだ。修羅シュシュシュって久美子ちゃんが一歩踏み込まないと書けない歌詞じゃない。

高橋そう!

水野覚悟というか勇気を出して踏み込んでいるからこそ生まれる熱さがあって。

高橋うん。

水野大サビのあたりで「適当に時代にふりまわされて 適当に…思い出すから」ってあるでしょ。“適当に”って言葉が使われているんだけど、あの距離感が前川さんらしいというか。

高橋うん、うん。

水野年配になっていろんな経験を重ねて、きれいごとだけじゃ世の中進まないということが分かってきて、100%頑張るだけが人生じゃないってことも分かってきて、その人が言う“適当に”ってものすごく深い愛情があるんだよね。

高橋うん。

水野重い現実への理解もあって。ちょっとしたユーモアもあって。すごくいいなと思ったんだよね。でも、それは踏み出さないと書けないというか。“適当”って捉え方によっては微妙な言葉だからね。勇気がないとそれは書けない。そこは届くんじゃないかなと。

高橋そうやね。意外とそっちの方がみんなに届くんじゃないかなって思いもあって。同じ世代の人たちが思っているかもしれないしね。でも思っているけど言えないこともあるでしょ。

水野あるよ。

高橋なんとなく今って閉ざしちゃう風潮があるじゃない。

水野はいはい。

高橋だから、「前川さんが歌ってくれたらな」って思いはあったのよね。

水野勇気は必要だよね。

高橋そういうことよね。本当よね。

水野うん。

高橋秋元さんはいつもチャレンジされていて、リスクを背負った歌詞を出されているよね。ガツンとくるというか。

水野ああ、確かに、そうかもしれない。若輩がこういう言い方をするのは正しいかは分からないけど、秋元さんっていちばん正当に評価されていない作詞家さんかなって思うんだよね。

高橋えっ!評価されていない?

水野まず、実績がすごすぎるじゃない。

高橋そうよね。

水野企画家としての実績がすごすぎて、そっちに目がいくじゃない。

高橋ああ、確かにそうね。

水野ビジネス的なことの成功も大きすぎる。だから世間にはそういう人だと見られていて。

高橋そうか。。

水野そこでのすごさはもちろんあると思うんだけど、「川の流れのように」を書いた人だし。

高橋そうよ。30歳になったばかりの若さであれを書くっていうね。もう恐ろしいよね。

注釈:「川の流れのように」 1989年1月に発売された、美空ひばりの生前最後のシングル。秋元康作詞、見岳章作曲。

水野本当にいちクリエイターとしてフラットに見られているかというと、どうしても企画やビジネスの部分も含めての実績だというように見られてしまうから。

高橋器用になんでもできてしまうっていうイメージで見られちゃうよね、きっと。

水野作り手としてすごいのは誰が見ても当たり前なんだけど。それが、かすむというか、そこにちゃんと視点を置かれないというか。

高橋そうか。私たちは作詞家だから、秋元さんのことを「すごい!」って思うけど、一般的には「AKB48の仕掛け人」っていうイメージなのかな。

水野うん、そういう時代の仕掛け人みたいなイメージの方が強いんだと思う。

高橋作詞だけじゃないっていうのは、逆に信頼できるところだと思うんだけどね。

水野どういうこと?

高橋いつも何かを考えているからこそなんだろうなと。作詞はその一環なんだろうなって思うよね。

水野ああ、なるほどね。作詞は総合力の結果だもんね。それは、本当にそうかもしれない。

(つづきます)

高橋久美子(たかはし・くみこ)
1982年生まれ。作家・作詞家。
2004年、チャットモンチーに
ドラム、作詞家として加入。
2011年、チャットモンチーを脱退。
以降、アーティストへの歌詞提供や、
エッセイ集の出版など、精力的に活動。
2019年4月から、
さまざまなアーティストの“歌詞”に
スポットを当てる音楽番組「うたことば」
(NHKラジオ第1/毎週日曜午後1:05)の
MCを務めている。
高橋久美子オフィシャルサイト
高橋久美子Twitter

Photo/Kayoko Yamamoto
Text/Go Tatsuwa
Hair & Make/Yumiko Sano
Styling/Miwa Nakayama

同じカテゴリーの記事