2019.5.23
TALK

岡田宣×有住朋子 【前編】
簡単に言うと、陽と陰みたいな。陽はいきものがかり、陰はHIROBA。でも、両方とも彼が持っているものだから

「あの曲を最後まで書いて、ひとりで歌って、完成させます」

小田和正さんとの楽曲制作のなかで、完成間近まで行って、小田さんの判断もあって、ストップしたあの曲。HIROBAをスタートさせる水野良樹の覚悟とも受け取れる思いが込められたその曲は「I」と名付けられた。

「I」の世界をより深く探るべく、制作に携わった3人のスタッフがそれぞれの視点で語る短期連載。最終回は、HIROBAディレクターの有住朋子さんが登場。いきものがかりディレクターの岡田宣さんを迎えたダブルインタビューを前後編でお届けします。

【前編】簡単に言うと、陽と陰みたいな。陽はいきものがかり、陰はHIROBA。でも、両方とも彼が持っているものだから

──「I」のお話の前に、まずは岡田さんと有住さんのお話から伺いたいのですが、おふたりがディレクターを目指したきっかけを教えてください。
岡田俺は最初、録音、つまり音を記録するということにすごく興味があったんだよね。それが中学生くらいのときかな。電池で動くソニーの「デンスケ」っていうカセットレコーダーが家にあって、それを肩に担いで、マイクをつないでいろんな音を録りに野外に出てたの。その頃は音効さんになりたかったんだよ。映画とかの映像にふさわしい音を付ける仕事ね。映画を見ていても、映像と音の違いが気になっちゃって「適当な音を付けてるなぁ」「雑な仕事してるな」って思ってたわけさ。そういう中学生だったんだよ。
有住うわぁ、めんどくさい…(笑)。
岡田そういった“音”への興味と音楽がミックスしだして、いろんな洋楽なんかも聴くようになって、音楽の録音というところに向かっていったんだよね。そうすると甲斐(俊郎)みたいに録音のエンジニアになりたいなって思うようになったわけ。ちょうどその頃に信濃町のソニー・ミュージックスタジオがオープンしたことも知って、スタジオで録音するということに興味が涌いてね。

参照:HIROBA TALK 甲斐俊郎 水野くんが興奮してスタジオのなかをウロウロし始めると「よっしゃ!」って思います

それで、さらにそこから一歩引いて全体を俯瞰して見るのは誰なんだって考えになっていって、それでディレクターにたどり着いたんだよね。大学生の頃は、ジャズ研究会に所属して楽器も少しはやったけど、ミュージシャンになりたいとは思わなくて、裏方になるって決めていたんだよね。プロを目指す人たちも多かったから、先輩からは珍しい奴だなって思われていたよ。

そこから、実践的に知識や技術を学べるところがないかって、いろんな情報を集めて自分なりに考えて、原盤権なんかを持っている音楽出版社の日音という会社に入って。3〜4年、そこで仕事して、1991年にEPICに転職したんだよね。EPICに入ってからはずっと制作の現場で。

──子どもの頃から音を録ることに興味があって今に至るというのは、すごいすね。意志を通されたというか。有住さんはいかがですか?
有住私は音楽活動をしていて、その活動が終了するのに伴って「EPICで仕事してみないか」と声をかけてもらって、EPICに入社してすぐ岡田さんのアシスタントディレクターとして、制作の仕事に携わらせてもらったのがきっかけですね。
岡田俺がスタッフに加えたいと思う基準のひとつは、「価値観を共有できたり、理解者でいてくれる」ということでね。もちろんそれが全員そうだとうまくいかないんだけど。

──おふたりがいきものがかり水野良樹と最初に出会った場面や印象を振り返っていただけますか?
岡田これは「いきものがたり」にも書かれているから詳しくは語らないけど、こちら側のストーリーで言うとね…いきものがかりの担当ディレクターが変わるタイミングがあったんだよね。上司から「A&Rは決まっているんだけど、もうひとり、スタジオワークをすぐにできるディレクターを探している」って相談されて、思い当たる人選を伝えたんだよ。少し考えてみるってなったんだけど、それから「やっぱり、岡田、やってくれ」って言われて(笑)。それで、1stアルバムの後から担当するようになって。最初の曲はシングルが「夏空グラフィティ/青春ライン」か。その後、2ndアルバム「ライフアルバム」だな。アルバムのタイトルを決めるのが難航したんだよね…この場所で!

注釈:「いきものがたり」 2016年8月に発売された自伝的ノンフィクション。水野良樹が、自分たちの出会い、グループの結成、路上ライブ、メジャーデビュー、そしてその後の大成功までのプロセスを、自ら書き下ろした。2019年3月の文庫化(新録改訂版/小学館文庫)に際し、いきものがかりの放牧から集牧までの事を、新たに書き下ろして収録。

注釈:A&R  「Artists & Repertoire(アーティスト&レパートリー)」の略。担当アーティストの音源制作や、その音源をどのようにしてプロモーションしていくかの戦略を練り、実践する仕事。

注釈:「夏空グラフィティ/青春ライン」は2007年8月リリースの、いきものがかり6枚目のシングル。「ライフアルバム」は2008年2月リリース。

有住カジノスタジオ、すごいなぁ(笑)、本当にいろんな歴史を見てきたスタジオですね。
岡田そうそう、いちばん最初にいきものがかりを見たのは、デビューする頃の厚木市文化会館小ホールでのライブで。「東京猿物語」って曲をやってさ、「変な曲だなぁ」って思ったんだけどね。そのときは自分が担当すると思って見ていなかったから…印象としては、よく言えば「親近感のある3人だな」って。悪く言えば「田舎くせぇなぁ」って。
(一堂爆笑)

ただ、あの3人の佇まいっていうのは、オリジナリティはあったよね。なんか、初期のドリカムとも違う、何か雰囲気というか。「田舎くさい」とか「ダサい」っていうことは…解釈が難しいところではあるんだけど、俺たちのなかでは褒め言葉として使って、うれしそうに「ダサいなぁ」って言うことがあるんだけどね。例えば、俺と水野がポップスをつくるなかで会話をするときに「古いね」って言葉がいい意味で使われたり。ベタなことを恐れないという感覚が俺たちのなかにはあって。そういった感覚の…なんというか予感みたいなものは、初めてライブを見たときにあったんだよね。そのときは自分のこととして見ていなかったけど、あらためて担当として接するようになったときに「こいつらは、そういった感覚を良しとしているな」って思ったね。ポップスの系譜を継承しようとしているというか。何かを一から発明しようということではなくて、先人の築き上げたものに基づいているという感覚がどこかにあるんだよ。「つくりだす」という気概はもちろんあっていいんだけど、謙虚になる気持ちもやっぱり必要なんだよね。えーっと何の話だったっけ?

──いきものがかり水野良樹との出会いですね。有住さんは先ほど「1ミリもいきものがかりに触れていない」とおっしゃっていましたが…。
有住そうなんです。もちろんこれまでに会ったことはありました。岡田さんがいるレコーディング現場を見学に行ったことがあって。もう10年くらい前ですね。でも、きちんと会話したことはなくて、テレビなんかのメディアを通して見るいきものがかりしか知らなかったから。今、その印象で水野くんと接していると、まったく真逆に近いというか。
岡田いざ、接してみて、メディアを通しての印象と実際の水野良樹の印象って、何が違います?あれ、なんで俺が質問してるんだ…(笑)。

──そこは、みんなが知りたいところですから。
有住簡単に言うと、陽と陰みたいな。陽はいきものがかり、陰はHIROBA。でも、両方とも彼が持っているものだから。
岡田もともとはすごく内向的だよね。
有住すごくシャイだし。いきものがかりのときとは全然違う印象だったから、少しびっくりしました。初めていきものがかりのライブを見た、HIROBAのA&Rアシスタントの子も、「水野さん、よく喋るし、(HIROBAのときと違って)あんなにはっちゃけているんですね」って驚いていました(笑)。

岡田なるほどな、そうだよな。
有住5年くらい前に、水野くんのソロライブを見たことがあって。あれ、何で出たんですかね?

注釈:「OTODAMA FOREST STUDIO in 秋川渓谷 -10周年SPECIAL-」 2014年4月に2日間にわたって開催された野外ライブイベント。水野良樹はソロとして2日目に出演した。

岡田うーん、やっぱりあの頃から、いきものがかりではない自分というものを探しているんだろうね。唐突だったし、音源をリリースしたわけでもなかったけど「やってみたい」ということで。それが今に至って、もう少しかたちになったのがHIROBAなんだろうな。

──そういった出会いを経て、いよいよHIROBAにつながっていくわけですが、水野さんからHIROBAについて初めて話を聞いたときはどう思いましたか?岡田さんは早い段階からお話を伺っていたかと思いますが。
岡田いや、俺ね、直接相談された記憶はないんだよ。担当が俺じゃないっていうのは…どうやって知ったんだっけなぁ。でも、俺…本当は管理職なんだよね。
(一堂爆笑)
いきものがかりとの出会いが…よく言うと「(いきものがかりとの出会い)の、おかげで」今に至ると。悪く言うと「(いきものがかりとの出会い)の、せいで」まだ現場にいると(笑)。でも俺は現場が好きだからね。「おかげで」と思っているよ。

──水野さんから直接聞いていないというのは意外でした。
岡田あんまりそういうことは言わないからね、水野は。うーん、今さ、水野はいろんなことやっているじゃない。楽曲提供して、講演なんかもやって、バーのマスターみたいなことやったり。

注釈 「たとえBAR」 水野良樹がマスターを務めるバーを舞台に、たとえ好きの常連客がたとえ話に花を咲かせるという内容の、NHKのトークバラエティー番組。これまでに第1弾、第2弾が放送された。

自己表現の場を探してるんだろうな、文章なんかもそうだし。もしかしたら、Twitterがその目覚めだったのかもしれないよね。Twitterを始めたときに、制限なく、わりと自由に書いていて。制限があったら始めた意味はなかったんだろうけど。情報提供する場ではなく、自分の文章での表現の場として始めたわけだよね。それが本(「いきものがたり」)になってね。あれ、10周年に向かって、いろんな過去のエピソードを重ねていったんだよね。だんだん過去から現在に近づくにつれて、「ああ、そろそろ終わるな」と思っていたんだけど、ある日突然、俺との出会いのエピソードが載ったんだよ。あいつがズルいのは、「これを書くと嫌がる岡田」を想定して書いているんだよ、織り込み済みで(笑)。「こういうことを書くと嫌がる人なんだけども」という但し書きが付いていて、こちらは何も言えないんだよ。

──岡田さんは近くで見ていて、水野さんがそういった表現の場を求めていることは感じていたわけですね。
岡田そうだね。今、いろんな自己表現の手段を試している段階だと思うけど、それが正しいかどうかは分からない。もしかしたら、選択をして、何かにもっと集中した方がいいかもしれないし。もちろん今も選択はしていると思うけど、もっときつい選択をして「これだ!」って決めるというか。何かサジェスチョンをした方がいいのかもしれないけど、まぁ、聞くような人ではないし、まずはやってみるしかないなとは思うよね。俺は俺なりに「この方がいいんじゃないかな」というのはあるよ、言わないだけで。

(つづきます)

岡田宣(おかだ・ひろむ)
EPICレコードジャパン
チーフ・ゼネラルマネージャー。
初期から、いきものがかりの担当チーフディレクターを務め、
大半の楽曲の制作に携わってきた。
メンバーが最も信頼を置くスタッフのひとり。
有住朋子(ありずみ・ともこ)
EPICレコードジャパン
制作部 ディレクター。
これまでに数多くのアーティストを担当し、
HIROBAの立ち上げにあたり、ディレクターとして制作を統括。

Photo/Kayoko Yamamoto
Text/Go Tatsuwa

同じカテゴリーの記事