2019.7.29
TALK

水野良樹×Kan Sano Part 1
ビートがしっくりこないと
次に進めない

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして、
独自のサウンド表現を追求し、海外でも注目を集めているKan Sanoさん。
J-WAVE「SPARK」で2週にわたってオンエアした対談の模様を
HIROBA編集版としてお届け。

Part 1 ビートがしっくりこないと次に進めない

水野「SPARK HIROBA」第2回目の対談相手に、この方をお迎えしました。
Kan SanoKan Sanoです。よろしくお願いします。
水野お越しいただき、ありがとうございます。
Kan Sanoこちらこそ、光栄です。
水野最新アルバムの「Ghost Notes」を聴いていて、この番組で1曲かけたときに「このアルバム、すごく好きなんです」とファン目線でポロッとこぼしたら、スタッフが「すぐにゲストでお越しいただきましょう!」と(笑)。

注釈:「Ghost Notes」 2019年5月にリリースされたKan Sanoの4thアルバム。

Kan Sanoハハハ(笑)。びっくりしましたけど、うれしいです。
水野ジャンル分けするのもあまりよくないとは思うんですが、俯瞰して見るとお互いに遠いところにいますよね。
Kan Sanoそうかもしれないですね。
水野でも、アルバムを聴いてかっこいいなと思って…憧れしかないです。
Kan Sanoいやぁ、畏れ多いです。
水野今回のアルバムも、すべてのサウンドをご自身おひとりで構築されていると伺いました。楽曲制作の出発点というのは、どういうところになるんでしょうか?
Kan Sanoそうですね。プロデュースやアレンジの仕事など、いろいろなアーティストの音楽をサポートすることもしているのですが、そのなかでも、やっぱり自分の作品をつくることを軸に考えていて。
水野はい。
Kan Sano前のアルバム(「k is s」)をつくって2年半くらい経ちますが、つくり終えるとまた次の新しいものをつくりたくなってきて。前作の反動もあって、次は生音重視で、音数をもっと少なくしようといったことを考え始めたところからですね。
水野同じことはしたくないという気持ちは強いですか?
Kan Sanoそうかもしれないですね。今回のアルバムはネオ・ソウルみたいなものがベースになっていますが、10代から20歳前後くらいに聴いていた音楽ともう一度向かい合ってみたくて。
水野はい。
Kan Sanoその当時、ディアンジェロやエリカ・バドゥとかを好きでよく聴いていましたが、自分の音楽として、今までそういう要素をアウトプットできていなかった気がしていて。
水野なるほど。
Kan Sanoそれが今ならできるかなというタイミングで、今回こういうサウンドになりました。
水野そうなんですね。楽曲はどこを起点につくりはじめていくんでしょうか?ピアノの前に座った時点で、頭のなかで全体のサウンドが鳴っているんですか?

Kan Sano鳴っているほうですね。最近は歌モノが多いので、ピアノを弾きながら歌って、それをボイスメモで録音するという感じで作曲していくんですが、その時点で、それを支えるビートのイメージはあります。
水野ああ、やっぱりそうなんですね。
Kan Sano録音するときはいつもドラムから録るんですよ。
水野そうなんですか!
Kan Sanoはい。ビートがしっくりこないと次に進めないタイプで。
水野それはどういう理由からなんでしょう。枠組みが決まっていたほうが自由になれるということなんですか?
Kan Sanoグルーヴがしっくりきてないと、何を乗せても微妙だなという感じがいつもあって。
水野はい。
Kan Sano鍵盤類を録音するのは弾いてしまえば早いほうだと思うんですけど、ビートは構築するのに時間がかかりますね。
水野ああ。そのビートのところが、僕は本当に分からなくて…。
Kan Sanoそうなんですか?
水野歌モノ至上主義的に、メロディばかりに意識がいってしまって、リズムに対して何も知識がなく、ここまで来ているので。ビートのうえにメロディを構築するという部分は本当に学びが浅くて…。
Kan Sano僕も基本的にメロディは大好きですが、細かいところにすごくこだわるので。
水野はい。
Kan Sanoグルーヴのちょっとしたよれ方も含めたうえで、ざっくりと全体で“メロディ”だと捉えていて。そういう感じですかね…すみません、あまりうまく言えないですけど(笑)。
水野いやいや、とんでもないです。それをご自身ひとりですべて構築するということはやっぱり意味があるんでしょうか?それこそ、たくさんのセッションミュージシャンに参加してもらったときに、良くも悪くも自分でコントロールできないという面白さもあると思います。
Kan Sanoはい。
水野でも、細かいところまでコントロールしたいとなると、やはりご自身でということになるんでしょうか?
Kan Sanoそうですね。ミュージシャンに頼む楽しさもあるし、ひとりでやる面白さもある。それは別物ですね。それこそプリンスとかにも通じるのかもしれないですが、僕はコントロールフリークみたいなところがあって。
水野はいはい。
Kan Sano細かいところまでつくり込みたいので、ひとりでつくるのは性に合っていますね。
水野ああ。
Kan Sanoミックスやアレンジを何度も修正したり、わりとそういうことが好きなんですよ。
水野つくっている最中がいちばん楽しいですか?
Kan Sanoそうですね。制作中に何回も曲を聴いて、その世界に没頭しているのは楽しいですね。
水野なるほど。
Kan Sano水野さんはどうですか?

水野いやぁ…。僕も同じような質問をよくいろいろな方に聞いちゃいます。「どの瞬間がいちばん幸福感がありますか?」と。でも、自分ではどう答えていいか分からなくて。
Kan Sanoはい。
水野ライブで披露してリアクションが返ってきたとき、つくっている最中、アイデアが浮かんだ瞬間。たしかにどのタイミングも幸福感はありますが、僕はやっぱり「最終的な出口でその曲がどう扱われているか」ということに重きを置いてしまうんです。
Kan Sanoうーん。
水野僕らは歌モノなので「歌を聴いて誰かを思い出しました」といった、音楽だけの喜びとは違うところの喜び、音楽を超えた喜びに強く憧れを感じるんですね。
Kan Sanoうんうん。
水野逆に言うと「自分は音楽家ではないのかもしれない」と思う瞬間のほうが多くて。
Kan Sanoああ、そうなんですね。
水野ジャズミュージシャンの即興性であったり、平坦な表現になってしまいますが「音楽で会話をしている」というような域にはいけないので、そういうことができる人たちに対して憧れしかなくて。
Kan Sanoああ、なるほど。

(つづきます)

Kan Sano(かん・さの)
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。
キーボーディスト、プロデューサーとして
Chara、UA、土岐麻子、大橋トリオなど、
多数のアーティストのライブやレコーディングに参加。
また、トラックメイカーとして自身のオリジナル作品のほか、
CM曲やドラマのサウンドトラックなども制作。
今夏も多数のライブイベントへの出演が決定している。
Kan SanoオフィシャルHP
Kan Sano Twitter

Photo/Kayoko Yamamoto
Text/Go Tatsuwa
Hair & Make/Yumiko Sano

同じカテゴリーの記事