2019.8.29
TALK

水野良樹×藍井エイル Part 1
新しい声だからこそ挑戦したい

Prologue from Yoshiki Mizuno

アルバム「FRAGMENT」で「今」という楽曲を
提供させていただいた藍井エイルさん。
同じ時期に“自分を見つめる時間”を持ち、
同じようなことを考え、
同じような景色も見たであろうことは
偶然ではないような気がしています。
楽曲制作の打ち合わせで語ってくれた夢や迷い…
その続きが聞きたくて、藍井さんに会いに行きました。

Part 1 新しい声だからこそ挑戦したい

水野藍井さんのアルバム「FRAGMENT」に収録されている、「今」という楽曲をつくらせていただきました。
藍井ありがとうございました!お休みしている間に歌を練習するときは、いきものがかりさんの曲もよく課題曲にしていました。私、水野さんの書くメロディラインがずっと好きで。休み中に人生初のひとり旅で青森に行ったときも車を運転しながら、ずっといきものがかりさんの曲を聴いていました。
水野えー、そうなんですか!うれしいです。
藍井今回、「日常」がテーマのアルバムを制作するにあたって、大好きな曲である「気まぐれロマンティック」のようなキラキラしたポップな楽曲が入っているとアルバムのなかでも輝くのではないかなと思ったんです。
水野ありがとうございます。「気まぐれロマンティック」を気に入ってくださっているということは、打ち合わせでも伝えてくれましたよね。
藍井はい。
水野僕は楽曲提供をさせていただく際に、例えばいきものがかりの曲で言うのならば、「ありがとう」のような曲がいいのか、「じょいふる」や「気まぐれロマンティック」のような曲がいいのか、自分のつくる曲のどの要素を必要としてくれているのかを気にするんです。
藍井はい。
水野最初の打ち合わせのときに、藍井さんにはすごく明確なイメージがあって。「気まぐれロマンティック」を例として挙げてくれながら、今までの藍井さんの力強いイメージにプラスして、もうちょっと女性的な部分やかわいさを、うまくブレンドしていきたいというビジョンを持っていましたよね。
藍井はい。
水野なので「そこなんだ!」と。ならば、方向性がわかって、やりやすい!という感じでした。
藍井ありがとうございます。
水野お休みを経て、ご自身のスタンスを広げていきたいという気持ちを持つようになっていったんですか?
藍井そうですね。ボイストレーニングを重ねて声が変わりましたし、新しい声だからこそ挑戦したいという気持ちがありました。
水野いろいろな歌い方ができるようになって、技術的にも進化したという感覚なんですね。
藍井そうですね。不自由がなくなって、自由が広がっていっている感じです。
水野違う表現ができるという思考になるのは、プレーヤー感があるからこそで、おもしろいですね。技術的な進化もあって、これまでの藍井エイル像にプラスして、「もっと中身を出してもいいんじゃないか」というところにつながっていったんですね。
藍井心にも余裕があるんですね。たとえば、声のかたちを表現すると、以前は刺々しかったんですけど、今は人間らしい部分もあり、だんだん丸くなってきていますね。
水野変遷があるんですね。

藍井はい。今、「今」に会えた…(笑)。
水野ややこしい曲のタイトルをつけちゃいました(笑)。
藍井はは(笑)、今、新しい声をもった状態で、「今」に会えたことが本当にうれしいです。
水野このタイミングで、僕ら(=いきものがかり)もちょうど休んでいて、藍井さんと同じようなことを考え、同じような景色も見たでしょうし、出会いのタイミングがリンクしたこともおもしろいですよね。
藍井そうですよね。
水野こじつけのようになっちゃいますけど、必然なのかなと思います。
藍井休みがあったからこその思いがあって。
水野はい。
藍井わかり合える部分が変わってくると思うんです。
水野なるほど。
藍井お互い、活動を休止して、また新たに始まっていくなかで、「今」の歌詞を見たときは勇気づけられましたし、刺さる部分もたくさんありました。ファンの方たちに対してということもすごく考えさせられましたし、ひとりで背負うのではなく、ファンの人たちと一緒に歩いていく。弱い部分を見せてもいいんだなと、自分を許せるような曲でもあります。
水野はい。
藍井いろいろな気づきを与えてくれる曲です。
水野制作の打ち合わせは正味1時間ぐらいでしたよね。
藍井はい。
水野あのとき、藍井さんが言ってくれたことや、藍井さんのたたずまいが、「今」の物語を引き寄せていると思うんです。僕が感じたのは、藍井さんご自身のやりたいことがあって、こんな挑戦がしたいと言いながらも、いい意味で遠慮がちというか(笑)。「私、こんなことをやっていいのでしょうか」と謙遜されているように見えたんです。そこに好感が持てましたし、抱えている迷いも含めて、藍井さんの魅力なんだろうなと。

藍井さんが気に入ってくれた

“愛情を欲張って 求めちゃいけないと思ってた
「わたしなんて」そんな口癖で逃げていたよ”

というフレーズも、「今」というタイトルも。これらは、“いつか”ではなくて“今、この瞬間”にストレートに言い放った方が、藍井さんの現在の気持ちに合うだろうなと。

だから、僕が書いているけど、僕の言葉じゃないというか。これは藍井さんの言葉が、たまたま僕というフィルターを通して出てきただけだと思っています。
藍井水野さんがそうやっていろいろ考えてくださったなかで「今」が生まれたからこそ、私は「今」の歌詞にすごく感動して、共感したんだと思います。
水野これが、さらに次の作品につながっていくといいですよね。ほかの方が書く上でも。
藍井そうですね。

(つづきます)

藍井エイル(あおい・えいる)
北海道札幌市出身。歌手。
2011年10月にシングル「MEMORIA」でメジャーデビュー。
2019年4月に4枚目のオリジナルアルバム「FRAGMENT」、
8/28には最新シングル「月を追う真夜中」をリリース。
11月には、7都市8公演のライブツアー
「藍井エイル LIVE HOUSE TOUR 2019」が控えている。

Photo/Kayoko Yamamoto
Text/Go Tatsuwa
Hair & Make/Yumiko Sano,
Hideaki Mayumi

同じカテゴリーの記事