2019.10.7
TALK

HIROBA Part 1
もう少ししたらエンジンをかけるタイミングが来る

今年4月にHIROBAがスタートして、半年が経過。
その間にふたつの音楽作品をリリースし、
さまざまなジャンルの方々とも言葉を交わしてきました。
そのなかで生まれた思いや、今感じている課題など、
「HIROBAのいま」を全3回にわたって水野良樹のインタビューで届けます。

Part 1 もう少ししたらエンジンをかけるタイミングが来る

──今年4月にHIROBAがスタートして、早いもので半年が経ちました。
水野そうですね、「まだ半年」という感覚でもあり、「もっと前から」のような気もします。

──実際、半年といっても、その前から楽曲制作や準備は始まっていましたからね。
水野そうか、そう考えるともう1年以上は経っていますもんね。
まずは、小さいながらも継続できていることがうれしいですね。あとは、関わってくれているスタッフのみんなが「今日の対談、おもしろかったね!」とか、「あの人の話が聞けてよかった」という空気になることがうれしくて。自分がやりたくてやっていることだけど、仲間ができていき、関わってくれるみんなもウキウキしている感じというのは、僕自身も望んでいたことなので。いい空気感のなかでやれていますね。

HIROBAのコンセプトも、これから半年、1年と時間をかけて、かたちになっていくと思うので、そういう意味ではまだ準備段階で、これから育てていくものという気がしています。

8月にトークショーに登壇させてもらったNHKの「ドキュメント72時間」のスタッフの方々のように、サイトを見て反応してくれる人も増えてきて、HIROBAをきっかけに水野良樹に興味を持ってくれたり、そこから仕事に発展したりということが少しずつ出てきたので、アンテナを張っている人には届きはじめているという感覚があります。

参照:HIROBA TALK 街角のドラマ、海をわたる。 ~NHK「ドキュメント72時間」海外版 上映&トークショー~ Part 1 絶対に破らない3つのルール

でも…長い道のりではありますね。

──前回、HIROBAを立ち上げて1カ月半が経過したタイミングでも、同様のインタビューを行いました。そのときは、まだ模索しているというか、「自分たちが進んでいる道は正しいのだろうか?」といった迷いがあったような気がします。そこから時間を経て、いろいろな経験を通して、少しずつ手応えや確信も生まれてきているのではないでしょうか?
参照:HIROBA TALK 水野良樹 Part 1 何か表現活動をして世の中に届けるというフォーマットは、ひとつだけではない

水野今は、いい意味で「ああ、もっとできるのに」ということが多々あります。それは資金面もそうだし、時間の面もそうだし、関わるみんなが「もっとコミットできたら、もっといろいろなことができるのに」という気持ちになっているのはいいことですよね。

立ち上げのときは「何をしたらいいかわからない」「どこにボールを投げようか」というところから始めて、今はボールを投げられそうなところはいくつか見えている。でも、HIROBAの体力的に全部はできないから、ひとつずつ、少しずつという状況です。そういった物理的な課題になってきたことは、すごくいいことで、次の段階に進みつつあると思います。

資金の面でいえば、見ていただいている人や関わる人に運営を支えていただくようなシステムを構築したり、音源での収入が増えていけば、さらにこのチームを大きくして、より多くの人との対談や、さまざまな記事を掲載できるようになると、よりいっそうの広がりが生まれるだろうなということが見えています。

もう少ししたらエンジンをかけるタイミングが来るだろうなという気がしています。現時点ではまだ出せないですが、動いている企画や制作しているコンテンツもたくさんある。今はどれだけ体力をつけて、体制を整えていけるか、それが大事ですね。

──やりたいことがたくさんあって、クリアすべき物理的な課題も見えている。次の段階に進んでいる感覚はスタッフも同様に感じています。
水野HIROBAを通しての気づきが本当に多いですよね。前川さん、糸井さんとの鼎談を行なって、HIROBAと「ほぼ日」の両方で掲載されましたけど、「ほぼ日」の記事は、会話の温度感、言葉の区切り方、テーマ設定、どれを取っても、僕らが言語化できていないことができていて。それを肌で感じさせてもらったことは本当に財産になりました。もちろん、「ほぼ日」と同じようにやる必要はないし、僕らのやり方を見つけていけばいいと思うけど、同じインタビューを違う媒体で掲載して、その違いを体感できて、勉強させてもらえたというのは、HIROBAをやっていたからこそだと思います。

参照:HIROBA TALK 水野良樹×前川清×糸井重里 Part 1 与えられたものを歌って、僕自身を変えてもらう

参照:ほぼ日刊イトイ新聞 前川清×水野良樹×糸井重里 歌手、いったいなんの仕事だろう。

まだまだやるべきことはたくさんあって、細かい点ですけど、サイトのデザインやフォントのサイズなんかも、より見やすくできると思っているので、微修正しながら進めていきたいです。

「センセーショナルなものにはしたくない」ということは最初から言っているので、派手なことや過激なことで注目を集めることはこれからもしません。とはいえ、そこからただ逃げるのではなく、より遠くの人にも、わかりやすく、しっかり届ける。それは僕らがやるべきことだと思っているので、それを踏まえて、対談企画はどういう内容がいいのか、タイトルのつけ方や、拡散の仕方にしても、それぞれに工夫できる点がある。

他のメディアとの企画でも、他のメディアで掲載したコンテンツを単に転載するだけではなく、より企画性を持たせていくということができるようになっていくと思います。今まではメディアの人たちから「そもそもHIROBAって何ですか?」と言われることが多かったですけど、対談相手のみなさんが持たれている信用や経験のおかげで、HIROBAという「場」に対しての信用も少しずつ深まってきている感覚があります。

音楽面では、より多くの作品を出していきたいと思っています。これは一朝一夕では進まないものですし、時間的な要因での難しさもありますが、精力的に進めていきたいと考えています。

(つづきます)

Text/Go Tatsuwa

同じカテゴリーの記事