2019.10.16
ESSAY

関取花 連載第11回 お買い物は計画的に

私は季節の変わり目になると購買欲が異常に高まる。
9月までは暑い日が続いていてまだ夏気分を引きずっていたが、10月に入ってからは急に涼しくなったこともあり、新しい服が欲しくてたまらなくなっていた。

お買い物は計画的に

私は季節の変わり目になると購買欲が異常に高まる。
9月までは暑い日が続いていてまだ夏気分を引きずっていたが、10月に入ってからは急に涼しくなったこともあり、新しい服が欲しくてたまらなくなっていた。

先日久しぶりに買い物へ出かけたところ、どこの店でも肩の部分のみ露出した服が新作として並べられていた。「オープンショルダー」と言われる服らしく、なんでも2019年流行の型らしい。オフショルダーほどの露出もなく、たしかにサラッと取り入れられそうだなと思った。

しかし秋服ということで、どこの店でもくすんだピンクや赤みがかった茶色など少し変わった色のものが多いように感じた。かわいかったのだが残念ながら手持ちの服とはどれも組み合わせが難しそうだったので、私にはご縁がないのだと思ったその時だった。
ある店で、黒くてタイトでシンプルそうなデザインのオープンショルダーを発見したのである。マネキンが着ているのを見てもなんだかお洒落だったので、試しに着てみることにした。

すると思っていた以上にトリッキーなデザインで、肩の部分から腕を出してしまったり頭を出そうとしてしまったりと一人で服と格闘する羽目になった。こんなの急いでいる朝とか絶対大変だろうなと思いながらも、最終的にはなんとか着ることができた。
ちょっとした達成感と共に鏡に映った自分を見てみると、たしかにあのオープンショルダーを着た私がいた。でもなぜだろう。このタイプの服は初めて着るはずなのに、謎の既視感があった。

そう、ホットリミットである。(わからない方は「T.M.Revolution HOT LIMIT」で検索)

いや、決して服が悪いわけではない。おそらくマネキンのような高身長クールタイプのお姉さんが着たらめちゃくちゃかっこいいのだが、あいにくこちらは低身長マスコットタイプの花ちゃんである。当然、西川さんのような肉体美もカリスマ性もない。その結果、ただ特殊な衣装を罰ゲームで着させられている人みたいになってしまった。

鏡の前で呆然と立ち尽くしていると、「ご試着いかがですか?」と声がした。これはヤバイと思った。
私はこういう時上手く流せないうえに、店員さんたちの褒め言葉にものすごく弱いのである。あの鮮やかすぎるフォローの数々に、これまで何度降参してきたことだろうか。
自分的にはこれはどうなんだろうと思っていても、彼女たちに「とってもお似合いですよ」と言われたら、「マジっすか?アリっすか?」とつい気持ち良くなってしまうのである。そして気が付いたらいつもレジの前にいてカードを切っている。私ってマジでいいカモだと思う。

しかも購買欲が異常に高まっている状態の時は本当に危ない。店員さんに口説き落とされたら、私はこのホットリミットでさえ間違いなく買ってしまう。外に出たら最後だ。早く何事もなかったかのような顔をして店を出なければ。しかしそこで店員さんが、「絶対お似合いだと思うのでぜひ見せてください!」と追い討ちをかけてきた。
ちくしょう、かわいいこと言ってくれるじゃないか。そんなこと言われたら見せちゃおうかしら。私は思い切って試着室の扉を開けた。一瞬の沈黙のあと、店員さんの顔に明らかにスイッチが入ったのがわかった。

「…わーすごい、イメージがだいぶ変わりましたね!」

そりゃそうである。TシャツにGパンだったのがホットリミットになって出てきたのだから。それにしても今の間は確実に言葉を探していたな。

「…わーでもなんだろう、でもなんかいい感じですね!」

おい、でもってなんだ。いい感じってだいぶフワッとしてるぞ。
と思いつつも、私はだんだん申し訳なくなってきた。あんなに誉め上手な店員さんを明らかに困らせて、こんなセリフを言わせてしまったなんて。そして気付いたら拭いきれない秋の購買欲と相まって、「じゃあこれください」と言っていた。結構高かったのに。バカだ、バカ過ぎる。

あれからもう一週間以上が過ぎたが、ホットリミットはまだタグが付いたまま紙袋の中にいる。これを着て外に出る勇気はたぶん一生出ないと思う。じゃあなんで買ったんだよって話だが、それは本当にもう季節の変わり目でちょっとおかしくなっていたとしか言いようがない。あとはかわいい店員のお姉さんのせい。
とはいえ、さすがにこのままではホットリミットが宝の持ち腐れになってしまいかわいそうなので、この原稿が書き終わったらまだ返品できるかお店に電話してみようと思う。みなさんも、お買い物は計画的に。

関取花(せきとり・はな)
愛嬌たっぷりの人柄と伸びやかな声、そして心に響く楽曲を武器に歌い続けているミュージシャン。
昨年はNHK「みんなのうた」への楽曲書き下ろしやフジロック等多くの夏フェス出演を経て初のホールワンマンライブを成功させた。
2019年5月8日にユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。
ちなみに歌っている時以外は、寝るか食べるか飲んでるか、らしい。
関取花オフィシャルサイト
同じカテゴリーの記事