2020.1.29
TALK

「誰が、夢を見るのか」発売記念インタビュー Part 1
夢を叶えたといいながら現実に向き合う

雑誌「Sports Graphic Number」で
水野良樹が担当している連載「Who is a dreamer?」。
これまでに綴ってきた35本のエッセイと、
特別企画としてプロボクサー村田諒太さんとの対談、
吉岡聖恵さん、高橋尚子さんとの鼎談を収録した
単行本「誰が、夢を見るのか」が1月30日に発売される。
自身初となるスポーツ・エッセイ集を手にして
語った思いを全3回にわたってお届けします。

Part 1 夢を叶えたといいながら現実に向き合う

──2015年7月から連載がスタートしました。
もう4年半ですからね、本当に早いですね。そもそも文章を書くということを、この連載のお話をいただくまでほとんどしていなかったので、自分にできるのかなという思いからスタートしました。こうして実際に本を手にすると感慨深いですね。

この連載があることによって、文章を書くお仕事をいただけるようにもなりました。自分でも興味を持って、それまで歌詞しか書いてこなかった人間が長めの文章を書くようにもなって、それがHIROBAの活動にもつながっていると思います。そういう意味でも自分にとって思い入れの深いものになりましたね。

──どういった経緯で連載が始まったのでしょうか?
当時の松井(一晃)編集長が、僕のTwitterなどの言葉を見てくださっていたんです。Numberでコラム企画を立てるときに、スポーツライターや元スポーツ選手ではない、別分野の人が外から見たスポーツをテーマにしたいと考えて、そこでお声がけいただいたのがきっかけですね。ちょっとした外野枠というか(笑)。

最初は映画監督の西川美和さんと交互の連載でした。西川さんは作家としても活動されている方なので、交互にとはいえ一緒に書かせていただくのは荷が重いなと思ったのを覚えていますね(笑)。

──連載のタイトル「Who is a dreamer?」はどんな思いで付けたのですか?
これは僕が付けました。舞台に立たせていただく人間として、スポーツ選手の方々と何か共通点はないかなと考えて。いろんな方々に応援していただける立場になるとか、例えばプロ野球選手であれば「少年時代の夢が叶いましたね」「憧れの球場に立つことができましたね」と言われることが多いと思うんですね。

とはいえ、夢が叶って幸せという部分だけではないはずです。見えないところでの苦労や応援されることのプレッシャーというものはあって、夢を叶えたといいながら現実に向き合わなければならないというのは、おこがましいですけど、僕たちも近い部分がある。音楽の世界でご飯を食べさせてもらって、幸いなことに声援をいただいて、そこで考えることもたくさんある。

結局、誰が夢を見ているのか。僕らが夢を見ていないかというと、そんなことはなくて。ステージに立ったときに、憧れていた光景が広がっていると思う瞬間もあるし、そう思いながらこのステージをしっかり全うしなきゃと思い悩み苦しんでいる瞬間もある。一言で言い表せるわけではないけど、そういった問いはあってもいいのかなという思いで付けました。

夢を叶えることはもちろん素晴らしいことですけど、決して一面的な部分だけではない。いちスポーツファンという立場でありながら、一方で多くのお客さんの前に立ってどんな気持ちになるかとか、そういう部分を経験できたからこそ書けることもある。スポーツ選手とファンの間くらいにいて、どっちともつかないところで書けることがあるかなと思ったんですよね。

──あらためて本を読んでみて、「当時、こんなふうに感じていたんだな」と思うことはありますか?
ああ、それはあります。放牧前であったり、10周年記念の野外ライブイベントなど、その時々の心境も書いていますしね。2016年リオオリンピックの閉会式をテレビで見たときの感想も書いていて、それは4年後の自分たちに手紙を書くという体裁だったんです。もうその“4年後”が来るじゃないですか。でも何も答えを持っていないかもなとか。

この4年半の間に放牧含めていろんなことがあった。その間に引退する選手もいて、読者のみなさんにも、僕たち自身にも変化があって、たった数年でもいろんなことが動くんだなと思いましたね。

──歌詞だと自分に近いことはあまり出していないと思いますが、エッセイだと自然に出せるのかもしれないですね。
そうですね、すごく出ていますね。スポーツのことを書くとは言いながら、結局は自分の視点になるので、やっぱり自分のことを書いているという部分はありますね。

(つづきます)

誰が、夢を見るのか
定価:本体1,400円+税
発売日:2020年01月30日
発行:文藝春秋

Photo/Manabu Numata
Text/Go Tatsuwa

同じカテゴリーの記事