2020.5.11
TALK

水野良樹×上白石萌音 Part 1
空気感や信頼関係は
作品に表れる

上白石萌音さんが歌う「夜明けをくちずさめたら」。
「NHK みんなのうた」から楽曲制作の依頼をいただき、
「いつか自分が書いた曲を上白石さんに歌ってほしい」という念願が叶いました。

一言一言に説得力がある上白石さんの歌声。
その理由が知りたくて、表現者としての上白石萌音さんの思いを聞かせていただきました。

Part 1 空気感や信頼関係は作品に表れる

上白石いきものがかりさんが大好きなんです。

水野ありがとうございます。きっかけはどの曲だったんですか?

上白石「YELL」で小学6年生のときでした。

水野最近「小学生の頃から聴いていました」と言っていだくことが増えてきて。もう少しすると「お母さんが聴いていました」ってなるんだろうなと(笑)。

上白石そうですよね。聴いてくださる世代がどんどん広がっていきますよね。

水野上白石さんがお芝居や歌を始められたのはいつだったんですか?

上白石5歳のときからミュージカル教室に通っていました。

水野早いなぁ。そういった世界に憧れが?

上白石ありました。とにかく歌が好きで、ダンスも好きで。全部やりたいと思ったときに「ミュージカルだ!」と。母親に頼んで教室に連れて行ってもらいました。

水野何がいちばん楽しかったですか?注目を集めたいという気持ちはありましたか?

上白石それが全くなくて。むしろ、前に出たくないくらいで。私、小さい頃は人付き合いが苦手だったんです。

水野はい。

上白石そんな私でも、こんなに楽しい瞬間があるんだって気づいて。音楽が流れると本当に楽しくて「こんなに楽しんでいいんだ、私」と思っていましたね。

水野そうなんですね。

上白石その頃は主役もやったことはなくて。2時間の公演でセリフひとつあればいいというような感じでしたね。

水野吉岡(聖恵)も最初は木の精霊だったって言ってました(笑)。

上白石私は鳥です(笑)。あとはウサギとか。

水野芝居や歌をやるときはどういったところに喜びを感じますか?

上白石お芝居しているなかでは、自分の心とセリフがスッとリンクしたときですね。

水野へー!けっこう素の自分が役に入っているような感じですか?

上白石そうですね。私はそんなに器用ではないので、どっぷり浸からないとできないタイプなんです。演じていて邪念が一切なく、セリフが口からではなく心から出ているような感覚になることがまれにあるんです。それはもう…震える瞬間ですね。

水野すごい。

上白石あとは、すごい方のお芝居を目の前で受けたときは…感動しますね。そこに一緒について行けたとき、あとはみんなでつくっているという実感が持てたときは本当に楽しいです。作品の放送や公開のタイミングよりも、つくっているときのほうが喜びを感じていますね。

水野それは面白いですね。芝居している最中の「今まさに何かができあがっていく瞬間」なんですね。

上白石そうです。やっぱり現場がいいですね。大人の方々が集結して、自分の力を最大限出し切って、みんなでひとつのものに向かっている。誰ひとり手を抜かない、プロフェッショナルな集団がすごく好きです。

水野お芝居されている方々は長期間一緒にいることが多いですよね。

上白石そうですね。

水野ドラマの撮影も何カ月もかかるでしょうし、寝食を共にするくらいの感覚で。

上白石まさに。

水野僕ら視聴者は現場の様子まではわからないじゃないですか。ドラマの番宣なんかを見たときに「共演者の方たち、めっちゃ仲良いなぁ!」って(笑)。

上白石(笑)

水野コミュニケーションがしっかりあるものなんですね。

上白石めちゃくちゃ喋りますね。私は共演者だけでなくスタッフさんとも喋りたくて。

水野コミュニケーションによって作品の温度も上がっていくものですか?

上白石絶対にそうだと思います。空気感や信頼関係は作品に表れるんですよ。

水野なるほど。

上白石みんなで話し合いながらつくった作品の温度は、見たときにもう一度自分のなかに湧き上がってくるんですよね。見てくださる方々にも伝わったらうれしいですね。

水野そうですよね。

上白石音楽番組の現場は逆で、出会って別れてじゃないですか。

水野そうですね。

上白石最初はすごくカルチャーショックでした。

水野(笑)

上白石短期間だけの間柄みたいな。

水野そうですね。音楽番組で他のアーティストと仲良くなることはまれですね。みなさん自分の出番に集中しているので、現場で深い会話をするタイミングもないですしね。役者さん同士のつながりがまぶしく見える瞬間がありますね。

上白石そうなんですね。

水野レコーディングの場面で、サポートミュージシャンの方々に演奏でプラスアルファの部分をどう出してもらうかを考えたときに、テンションの持っていき方、コミュニケーションの取り方はすごく考えるので、そこはお芝居の現場ともリンクするのかもしれないですね。

上白石向かっている方向が合っているのかなとか。

水野そうですね。

(つづきます)

上白石萌音(かみしらいし・もね)
1998年生まれ。女優・歌手。
2011年にデビューして以降、映画、ドラマ、舞台を中心に幅広く活躍。
2020年1月から放送されたドラマ「恋はつづくよどこまでも」が大ヒットし、
“恋つづ”ブームを巻き起こした。
5月11日に配信シングル「夜明けをくちずさめたら」をリリース。
この楽曲はNHKみんなのうた 4月〜5月にて放送中。
同曲が主題歌の日生劇場ファミリーフェスティヴァル
2020 NHKみんなのうたミュージカル「リトル・ゾンビガール」
が7月17日から上演予定。

上白石萌音オフィシャルサイト
Twitter
Instagram

Photo/Manabu Numata
Text/ Go Tatsuwa
Hair & Make/Tomoko Tominaga(allure)
Styling/Takashi Shimaoka(Office Shimarl)

同じカテゴリーの記事